むくみを解消して脚やせしよう!

むくみを解消して脚やせをするポイントについて調べてみました!

むくみに効く体操

むくみは食生活を変えたり、睡眠時間を気を付けたりと生活習慣をしっかりと健康的な物に変える必要があります。特に夏の季節は、暑さによって水分を過剰に摂取したり、塩分の強い食べ物やお酒を摂り過ぎてしまいがちです。また、アイスやエアコンなど体を冷やす機会が増えたり、暑さで睡眠不足になってしまったり、疲れやすいために過労などの症状になりやすくなります。その為、どうしてもむくみやすくなってしまいます。

むくみは足にできやすいのでむくみを解消する足の体操などがおすすめです。むくみの解消に効果がある事でも知られているのがゴキブリ体操です。名前はあまり良くありませんが効果的なむくみを解消してくれる体操です。仰向けに寝た状態で手足を上に持ち上げます。そのまま力を抜いた状態でリズミカルに上げた手足をブラブラとさせるとむくみや重たい感じがする部分がスッキリします。むくみの状況によっては5分程度の運動が必要になりますのでテレビを見ながら行ってください。ゴキブリ体操以外にも、あおむけになって自転車を漕ぐのと反対の向きに足を動かす逆自転車こぎ体操などもありますどちらもむくみを解消する為に、血液の循環などを効果的に行う運動ですので、ぜひチャレンジしてください。

むくみは脂肪になる?

むくみは見た目が良くないだけでなく、脂肪に変化してしまいますので、綺麗なボディラインを保ちたいという女性の方には天敵になっております。
むくみは食べ過ぎたり飲み過ぎたりするとむくみの症状が出てしまいます。むくみの原因と言われている塩分は現在の食事には多く含まれており、塩分が多い料理をたくさん食べすぎてしまうことでむくみの要因となります。また、塩分だけではなく、アルコールの摂取によっても、細胞の水分が飽和状態となりむくみます。睡眠時は水分の排泄も抑制される働きがあるため、朝起きた時に体や顔がむくんでいる状態を感じてしまうのです。

一般的には、細胞の隙間にある水分は血管から体内の不要なものを回収してリンパ管に戻る役割を担っています。その後体外に排泄されているのですが、水分バランスが乱れ細胞が水浸しになっている状況ですと、血管が膨張しリンパ管を圧迫してしまいます。その状態になっていると、細胞間液はリンパ管に戻りにくくなります。その状況になると体内の老廃物や脂肪をリンパ管に戻す働きができませんので脂肪や老廃物が体内に徐々に溜まってしまう事になります。このため体の代謝の悪い太りやすい身体になってしまうのです。

また、むくみの解消には半身浴も効果的です。半身浴で汗を流して血行やリンパの流れを良くすることで脚やせがしやすい身体に繋がっていきます。